奈良県立医科大学 附属病院 腎臓内科学

News
新着情報

2019/07/13お知らせ

奈良県立医科大学 腎臓内科を支える会

2018年1月より鶴屋和彦先生が腎臓内科学の教授に就任され、2018年の4月には新しく山田彩乃先生と田遠和佐子先生が、2019年には羽根彩華先生、坪村舞子先生が入局されました。腎臓内科のもともとの母体である第一内科時代から腎疾患の診療を支えていただいた諸先生方と新しく腎臓内科に入局された先生方との繫がりを作っていく意味で、第一回“奈良県立医科大学 腎臓内科を支える会”が行われました。

予想を超える大勢の先生方にご参加いただき、総勢45名のにぎやかな会となりました。

このような会を通じて奈良県立医科大学の腎臓内科が益々発展していければと思っております。

カテゴリー別

年月別

腎臓 内科学 内科学 の最新 情報 はこちら

TOP